忍者ブログ

faeworijlfd

精力剤だある強精剤、強壮剤、勃起薬のちがい

精力剤だある強精剤、強壮剤、勃起薬のちがい


精力剤には、疲労・年齢・ストレス・喫煙習慣などによって血流が悪くなり、末梢血管、とりわけペニスに血流を促進させるためのものや、性ホルモン分泌低下、精力に関する栄養素不足を補いホルモン分泌を促進させるもの、疲労回復や滋養強壮・精力増強を目的としたものがあります。

「強精剤」は


男子の陰萎(いんい)(インポテンス)の治療に用いる薬剤で、催淫(さいいん)剤ともいう。
勃起(ぼっき)中枢興奮薬としてヨヒンビンなどがあるが、副作用が強く、大量に用いると腎(じん)障害、中枢神経麻痺(まひ)などをおこし、威哥王呼吸麻痺死に至ることもあるようです。
内服すると尿中に排出されるとき尿路を強く刺激して陰茎を勃起させるものにカンタリス剤があるが、これも腎炎をおこす危険があるようです。
また、性器の発育を促進させる性ホルモン剤、勃起維持に奏効する局所麻酔剤を含有する軟膏(なんこう)も用いられます。
漢方では八味(はちみ)丸(八味地黄(じおう)丸)がもっとも有名ですが、人参(にんじん)、淫羊(いんようかく)、枸杞(くこ)子などもよく用いられるようです。

「強壮剤」は


新陳代謝機能の回復、栄養状態の改善、補血、強精、疲労回復など、広い意味での病体の一般的改善を目的とした薬剤をいい、変質強壮剤、苦味強壮剤、補血強壮剤、シアリス 通販滋養強壮剤などがあります。
変質強壮剤とは体質を改善するという意味で、亜ヒ酸剤などがありますが、苦味強壮剤には胃液の分泌を促す苦味剤としてキナ製剤が、補血強壮剤には鉄剤がある。滋養強壮剤は栄養によって機能の回復を図るもので、各種ビタミン剤、タンパク質、炭水化物、ミネラル、アミノ酸などがあげられる。漢方では人参(にんじん)がよく用いられます。
最近では滋養強壮剤だけが栄養剤を含めて用いられ、薬用酒やドリンク剤がよく使われています。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R